校長挨拶

校長メッセージ

「社会にイノベーションをもたらす人材の育成をめざして」

 

photo_president_201904

 

 

新居浜高専は、昭和37年(1962)に国立高等専門学校の第1期校として、別子銅山の歴史文化を受け継ぐ工都新居浜の地に創設されました。当時の社会や産業界の要請を受けたもので、8,000名を超える卒業生は高度成長期より、わが国の経済発展を支えてきました。現在では「創造性のある実践的技術者の育成」が高専の役割として定着した感があります。

一方、Society5.0に代表される産業構造変化、地域社会のあり方、急激なグローバル社会など、さまざまな答えの明らかでない課題があり、それを解決する人財が求められています。

高専は、これまでの実績や経験を活かしながら、課題解決に積極的にチャレンジし、科学技術の成果を社会に実装することにより、社会にイノベーションをもたらすソーシャルドクター(Social Doctor 社会のお医者さん)やクリエイター(Creator)を育成することをめざしていきます。

新居浜高専の本科には現在、機械工学科・電気情報工学科・電子制御工学科・生物応用化学科・環境材料工学科のそれぞれ入学定員40名の5つの専門学科のほか、共通の教育を担当する数理科と一般教養科があります。

平成4年(1992)には、5年間のこれら本科の上に修学期間2年の生産工学専攻(平成16年度に生産工学専攻及び生物応用化学専攻に改組)及び電子工学専攻の専攻科が設置され、教育の高度化を推進してきました。また、5年間の本科卒業後に、4年制大学の3年次に編入する学生も増えています。

本校の教育の大きな特色は、高等教育機関として、実験や実習を重視した教育プログラムを大学教員と同等の教育研究能力を有する教員が、学生に密着して指導しているところです。すなわち、早期教育の利点を活かしたものづくり実践教育の実施、創造性の開発に重点を置いた問題解決型グループ学習(PBL)の積極的な導入、確かな進路選択を可能とするキャリア教育の推進、地域と連携したプロジェクト型教育活動の展開、IT技術を活用した自学自習の学習環境整備など、常に時代の先端を行く教育の実現をめざしているところにあります。

また、アジアをはじめとする国々からの留学生を積極的に受け入れるとともに、サザンクロス大学(オーストラリア)、重慶工業職業技術学院(中国)、スラバヤ工科大学(インドネシア)及び国立聯合大学(台湾)と学術交流協定を結び多くの短期研修生を派遣するなど、国際交流にも力を注いでおり、グローバルに活躍できる人材の育成を目標としています。

本校は「知恵、行動力、信頼」を教育理念とし、個性あふれる教育研究を実践し、地域とともに歩む信頼される学校をめざしています。

 

  新居浜高専 校長      
八木校長電子サイン

◎過去の入学式・卒業式校長式辞集