教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

卒業認定の方針に掲げる知識・技術を修得させるために,以下の方針に基づきカリキュラムを編成し,教育を実施します.

 

(カリキュラム編成の方針)

(1)機械工学科

・技術者として必要な幅広い教養と倫理観を身につけるため,一般科目として,国語,社会,数学,理科,保健体育,芸術,外国語などの科目を配置する.

・機械系技術者として必要な専門知識や技術を身につけるため,専門科目として,材料力学,機械力学,水力学,熱力学などの科目を配置する.

・低学年から高学年に進むにつれて,基礎的な知識から専門的かつ高度な知識や技術を身につけることができるよう,一般科目と専門科目をバランスよく配置する.

・創造力,問題解決能力を育むため,設計製図,創造設計製作,工学実験などの実験・実習科目を配置する.

・論理的思考力,コミュニケーション力などの汎用的能力を身につけるため,卒業研究などの科目を配置する.

・国際的なコミュニケーション能力を身につけるため,英語科目を各学年に配置する.

・広く実社会における体験活動を行い,自主性,責任感,公共心を身につけ,幅広い職業観を持つことができるよう,学外研修やインターンシップなどを取り入れる.

 

(2)電気情報工学科

・技術者として必要な幅広い教養と倫理観を身につけるため,一般科目として,国語,社会,数学,理科,保健体育,芸術,外国語などの科目を配置する.

・電気・情報・通信技術者として必要な専門知識や技術を身につけるため,専門科目として,回路理論,電磁気学,プログラミング,通信工学などの科目を配置する.

・低学年から高学年に進むにつれて,基礎的な知識から専門的かつ高度な知識や技術を身につけることができるよう,一般科目と専門科目をバランスよく配置する.

・第4学年からは,電気工学,情報工学に関する専門性の高い知識や技術を身につけるため,コース制をとり,コース別の科目を配置する.

・創造力,問題解決能力を育むため,電気情報実習,電気情報工学実験などの実験・実習科目を配置する.

・論理的思考力,コミュニケーション力などの汎用的能力を身につけるため,卒業研究などの科目を配置する.

・国際的なコミュニケーション能力を身につけるため,英語科目を各学年に配置する.

・広く実社会における体験活動を行い,自主性,責任感,公共心を身につけ,幅広い職業観を持つことができるよう,学外研修やインターンシップなどを取り入れる.

 

(3)電子制御工学科

・技術者として必要な幅広い教養と倫理観を身につけるため,一般科目として,国語,社会,数学,理科,保健体育,芸術,外国語などの科目を配置する.

・電子制御に関連する分野の技術者として必要な専門知識や技術を幅広く身につけるため,専門科目として電気工学,電子工学,制御工学,情報工学,ロボット工学などの分野の科目を配置する.

・低学年から高学年に進むにつれて,基礎的な知識から専門的かつ高度な知識や技術を身につけることができるよう,一般科目と専門科目をバランスよく配置する.

・創造力,問題解決能力を育むため,基本的な実験・実習科目に加え,課題解決型の実験・実習科目を配置する.

・論理的思考力,コミュニケーション力などの汎用的能力を身につけるため,工学基礎研究,卒業研究などの科目を配置する.

・国際的なコミュニケーション能力を身につけるため,英語科目を各学年に配置する.

・広く実社会における体験活動を行い,自主性,責任感,公共心を身につけ,幅広い職業観を持つことができるよう,学外研修やインターンシップなどを取り入れる.

 

(4)生物応用化学科

・技術者として必要な幅広い教養と倫理観を身につけるため,一般科目として,国語,社会,数学,理科,保健体育,芸術,外国語などの科目を配置する.

・化学技術者,バイオ技術者として必要な専門知識や技術を身につけるための講義科目(有機化学,無機化学,分析化学,物理化学,化学工学,生物化学,微生物工学など)および実験科目(応用化学実験,生物工学実験など)を配置する.

・低学年から高学年に進むにつれて,基礎的な知識から専門的かつ高度な知識や技術を身につけることができるよう,一般科目と専門科目をバランスよく配置する.

・より専門性の高い応用化学,生物工学の知識や技術を身につけるために,第4学年からコース制を導入する.

・創造力,問題解決能力を育むため,グループ科学実験,創造化学実験,卒業研究などの実験・実習科目を配置する.

・論理的思考力,コミュニケーション力などの汎用的能力を身につけるため,プレゼンテーション技法,卒業研究などの科目を配置する.

・国際的なコミュニケーション能力を身につけるため,英語科目を各学年に配置する.

・広く実社会における体験活動を行い,自主性,責任感,公共心を身につけ,幅広い職業観を持つことができるよう,学外研修やインターンシップなどを取り入れる.

 

(5)環境材料工学科

・技術者として必要な幅広い教養と倫理観を身につけるため,一般科目として,国語,社会,数学,理科,保健体育,芸術,外国語などの科目を配置する.

・材料技術者として必要な専門知識や技術を身につけるため,専門科目として,金属材料,無機材料,有機材料に関連する科目を配置する.

・低学年から高学年に進むにつれて,基礎的な知識から専門的かつ高度な知識や技術を身につけることができるよう,一般科目と専門科目をバランスよく配置する.

・創造力,問題解決能力を育むため,製図,総合設計実習,材料創成デザイン演習などの実験・実習科目を配置する.

・論理的思考力,コミュニケーション力などの汎用的能力を身につけるため,工学基礎研究,卒業研究などの科目を配置する.

・国際的なコミュニケーション能力を身につけるため,英語科目を各学年に配置する.

・広く実社会における体験活動を行い,自主性,責任感,公共心を身につけ,幅広い職業観を持つことができるよう,学外研修やインターンシップなどを取り入れる.

 

(実施の方針)※全学科共通

・1単位当たりの授業時間数は,90 分×15 回を標準とする.

・多様な授業形態や自学自習の教育効果を考慮し,自学自習を含めて1単位当たり45 時間の学修を必要とする「学修単位科目」を,第4学年及び第5学年の主要科目に配置する.

・各授業科目の到達目標,授業概要,成績評価方法をシラバスに明示し周知する.

・成績評価は,シラバスに明示した評価方法に基づき厳格に行う.