感染症による出席停止

以下の疾患にかかった場合は、本人の健康回復と周囲への感染防止のため、学校保健安全法の規定により、医師が感染の恐れがないと認めるまでの期間、出席停止となります。
診断を受けた場合は、速やかに学校(学級担任または学生課教務係)に口頭または電話等で連絡し、提出書類の指示を受けてください。

 

学校感染症の種類(学校保健安全法施行規則第18条)

kansen-list

 ※第三種感染症の「その他の感染症」について

 出席停止の指示をするかどうかは、感染症の種類や各地域、学校における感染症の発生・流行の態様等を考慮のうえで判断する必要があり、直ちに出席停止の対象にならない場合があります。

 

登校時の注意

 登校の際は、医師が記入した「登校許可証明書」の提出が必要です。
 (個人的な判断では登校できないので注意してください。)

 登校許可証明書の様式は以下リンクからダウンロードできます。
  *登校許可証明書(PDF)

 

*インフルエンザについて
   インフルエンザは、出席停止期間が
 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまでとなっています。

 

保健室トップ

 

管理 保健管理センター 保健室