新居浜工業高等専門学校の障がいのある学生の受入れ及び支援の基本方針

基本方針

  本校は、障がいのある学生に対して「合理的配慮」(注)を提供するとともに、障害のある学生と障害のない学生が共に学ぶことができるように、修学環境の整備に努める。
    「合理的配慮」の内容は、障がいのある学生(受験者を含む)から配慮の要望のあった場合について、個別の相談を行ったうえで決定する。
(注)「合理的配慮」とは、「障害者が他の者と平等にすべての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないもの」をいう(「障害者の権利に関する条約」第2条)