官民協働海外留学支援制度の紹介

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」の紹介

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」

 高校生や大学生などを海外に派遣留学生として輩出し、支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し”産業界を中心に社会で求められる人材”、”世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”の育成を目指したプログラムです。
帰国後は海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として日本全体の留学機運を高めることに貢献することが期待されています。(公式ホームページから引用)。

本プログラムには5つのポイントがあります。

 

☆ポイント1 多様な活動を支援

交換留学など単位取得を前提としたアカデミックな留学だけでなく、インターンシップやボランティア、フィールドワークなど、学校に行かない多様な活動を支援します。
※日本の大学等に在籍していることが応募条件なので、海外への進学は対象外です。
※英語習得のみを目的とした留学は対象外です。(英語研修が計画の一部に含まれていることは問題ありません)

☆ポイント2 留学プランを自分で設計

学生が自ら定めた明確な目標実現のために「実践活動(※1)」が含まれる留学計画を28日間から2年以内で(※2)自由に(※3)組み立てることができます。
(※1)実践活動とは、座学や知識の蓄積型ではなく「実社会との接点」から多様な学びを 得ることができる学修活動(インターンシップ、フィールドワーク、ボランティア 、プロジェクトベースドラーニングに限らず、上記の趣旨に沿う多様な学修活動) のことをいいます。
(※2)3か月以上を奨励(海外初チャレンジ応援枠での応募者を除く) 
(※3)学修活動として所属機関の認定が必要

☆ポイント3 留学事前事後研修が充実

将来の日本に求められる資質や能力を伸ばすため、各界のリーダーによる指導が受けられます。

☆ポイント4 グローバル人材育成コミュニティ

全国から選ばれた歴代の派遣留学生や支援企業の方々と交流する機会のある「トビタテ!留学JAPAN」独自のコミュニティに参加できます。

☆ポイント5 手厚い支援

手厚い奨学金(月額12~20万円)、渡航費(10~20万円)、授業料(実費、上限60万円)などが給付されます。返金の必要はありません。

高校留学最新ガイダンス(説明会)が開催されます。

 平成28年10月~11月に全国7会場(札幌・福岡・岡山・大阪・東京・仙台・名古屋)で開催されます。詳細はこちらのPDFをご覧ください。

現在募集中のプログラム

名称 コース 対象 申請締切 留学開始期間 詳細
平成29年度前期(第6期)

【本科3年生以上対象】

1 「理系、複合・融合系人材コース」
-理系分野、複合・融合系分野の留学(新興国、世界トップレベル大学等も含む)[200名]2 「新興国コース」
-今後、経済成長が期待される新興国での留学(人文社会系) [70名]3 「世界トップレベル大学等コース」
-世界大学ランキングで100位以内に位置する大学や、同等の教育レベルにある研究機関への留学(人文社会系)[90名]4 「多様性人材コース」
-スポーツ/アート/国際協力など様々な分野や活動において、今後の活躍が期待できる人材の留学[90名]5 「地域人材コース」
-地域の発展に貢献することを希望する学生を対象とする留学※いずれも28日以上2年以内の期間で留学先機関の受入が確保できる留学計画であること。
下記条件(1)~(4)をすべて満たす人。
(1)日本国籍を有する学生等又は日本への永住が許可されていること
(2)国内の学校(大学・大学院・短大・高等専門学校・専修学校等)において正規生として在籍すること
(3)事前・事後研修及び留学生ネットワークに参加できること
(4)原則として(独)日本学生支援機構の第二種奨学金の家計基準を満たすこと(ただし、第4期募集からは全体の1割程度を上限に家計基準を超える学生も支援されます。)
(5)2017年4月1日現在の年齢が30歳以下であること
平成28年9月16()までに学生課学生・図書係へ申請してください。

※予め担任・指導教員と相談してから作成してください。
※申請書作成には時間がかかります。早めに相談してください。
※本期からオンライン申請となります。

平成29年4月1日~平成29年10月31日 公式ホームページ
高校生コース(第2期)

【本科1・2年生対象】

※H29年度はまだ発表されていません。参考まで。

1 アカデミックコース
(A)テイクオフ-海外の語学学校等のプログラムに参加するとともに、外国語を用いて異文化交流を行うもの。 [2~3週間](B)ショート- 海外の高等学校や大学のサマースクール等に参加し、外国語を用いて様々な科目を学修するもの。 [2週間~3か月](C)ロング- 海外の高等学校等に長期間通学し、外国語を用いて様々な科目を学修するもの。[4か月~1年]2 プロフェッショナルコース
- 観光、IT、調理等のキャリアカレッジでの学修、農場や工場等での実地研修、インターンシップなどに参加するもの。 [2週間~3か月]3 スポーツ・芸術コース
- 海外のトレーニングセンター、教育機関、芸術学校等に通学し、技量の向上を目指すもの。[2週間~3か月]4 国際ボランティアコース
- NGO等が主催する支援活動に参加するほか、国際協力について関係機関で学び、理解を深めるもの。[2週間~3か月]
(1)日本国籍を有する生徒等又は日本への永住が許可されている学生等
(2)本制度で実施する事前・事後研修及び留学生ネットワークに参加する学生等
(3)日本の在籍高等学校等が派遣を許可し、留学先機関が受入れを許可する学生等
(4)留学に必要な査証を確実に取得し得る学生等
(5)留学終了後、日本の在籍高等学校等で学業を継続し、卒業を目指す学生等
(6)他団体等から留学のための奨学金を受ける場合は、その総額が、本制度による奨学金の総額を超えない学生等
(7)本制度の高校生コースの第1期派遣留学生ではない学生等
(8)原則として(独)日本学生支援機構の第二種奨学金の家計基準を満たす学生等
(ただし、支援予定人数全体のうち、1割程度を上限に家計基準を超える学生も支援される予定です)
平成2823()までに学生課学生・図書係へ申請してください。

※予め担任・指導教員と相談しておいてください。
※申請書作成には時間がかかります。早めに相談してください。

平成28年6月24日~平成29年3月31日 公式ホームページ

 

 

申請にあたって

  •  申請を検討する学生は、まず公式ホームページを確認するようにしてください。
  •  申請をする前に、保護者の方や担任や指導教員とよく相談をしてください。
  •  申請書は公式ホームページからダウンロードして、パソコン上で作成してください。(本期からオンライン申請となりますが、システム稼働までは様式をダウンロードし、準備しておいてください)。また、申請書作成には時間がかかりますので、早めに相談するようにしてください。

 

管理:学生課学生・図書係

2016年8月25日更新