専攻科トップページ 専攻科の概要 生産工学専攻 生物応用化学専攻 電子工学専攻 専攻科入学案内


生物応用化学専攻


 生物応用化学専攻においては、高等専門学校の課程における化学・生物系学科の5年間の教育を基礎として、その上に化学及び生物工学を中心とした深い知識と、社会環境を考えながら主体的に活動できる能力を持ち、国際的に活躍できる技術者を養成することを目的としています。


平成26年度開講科目シラバス
特別研究発表と学会発表
就職・進学状況
生物応用化学プログラム
学士学位の取得
 


教育課程(カリキュラム)
(平成26年度)


教 養 科 目 (各専攻共通)
区分 授業科目 授業の種類 単位数 毎週授業単位時間数 備考
1学年 2学年
前期 後期 前期 後期
必修科目
人間と倫理 講義 2     2    
工業数学及び演習 講義・演習 4 4 2      
英語演習書講読 演習 2 2 2      
科学英語表現 演習 2     2 2  
小計 10  
選択科目
日本文化史 講義 2   2     10単位中6単位以上修得
国文学 講義 2   2    
日本国憲法 講義 2   2    
現代社会と法 講義 2     2  
国際文化理解 講義 2 2      
小計 10  
教養科目計 20  


専 門 科 目
区分 授業科目 授業の種類 単位数 毎週授業単位時間数 備考
1学年 2学年
前期 後期 前期 後期
必修科目 化学数学1 講義 2 2        
化学数学2 講義 2   2      
プログラミング演習 演習 1   2      
数値計算法及び演習B 講義・演習 3     2 2  
電磁気学 講義 2     2    
マイクロエレクトロニクス 講義 2       2  
環境化学特論 集中講義 1         隔年開講1
夏季休業中
先端機器測定実習 実験実習 1 3        
有機合成化学 講義 2   2      
無機化学特論 講義 2     2    
生物化学特論 講義 2   2      
化学工学特論 講義 2   2      
物理化学特論 講義 2   2      
化学特許概論 集中講義 1   (1)   (1) 隔年開講1
先端化学産業概論 集中講義 1         隔年開講2
夏季休業中
化学技術表現演習 演習 1 2        
特別研究 実験実習 5          
小計 32  
選択科目
19単位中8単位以上修得
高分子化学概論 講義 2 2        
化学工学概論 講義 2 2        
生物化学概論 講義 2 2        
微生物工学概論 講義 2 2        
化学技術英語演習 演習 1     2    
理論有機化学 講義 2 2        
細胞工学特論 講義 2   (2)   (2) 隔年開講2
反応工学 講義 2   (2)   (2) 隔年開講1
電気化学 講義 2 (2)   (2)   隔年開講1
量子化学 講義 2   (2)   (2) 隔年開講2
18単位中4単位以上修得
センサー工学 講義 2       2  
機能性材料学1 講義 2       2  
機能性材料学2 講義 2       2  
数値計算法及び演習A 講義・演習 3     2 2  
シミュレーション工学 講義 2       2  
制御工学 講義 2       2  
起業工学 集中講義 1   1      
ベンチャービジネス概論 集中講義 1   1      
品質・安全管理 集中講義 1       1  
シニア・インターンシップ 実験実習 2         夏季休業中
小計 37  
専門科目計 69  
注1:各授業科目の単位数は、45単位時間で構成され、当該授業による教育効果、授業時間外に必要な学修等を考慮して、次の基準により計算する。
  (1)講義については、15単位時間の授業をもって1単位とする。
  (2)演習については、30単位時間の授業をもって1単位とする。
  (3)実験及び実習については、45単位時間の授業をもって1単位とする。
注2:本カリキュラム表に掲げた科目以外に、本校専攻科の他専攻の科目、ならびに他の高等専門学校の専攻科及び大学等で開講されている科目を履修し、修得すれば、16単位を越えない範囲で単位の修得を認定される。
注3:
隔年開講1はH25,27...年度の開講、 隔年開講2はH26,28...年度の開講である。


専攻科トップページ